2010年04月27日

売上の奴隷

以前も書いたが、雇われ店長は悲惨だ。
ネットビジネスというものを知る以前から、僕は死んでも店長職にだけはならないと固く心に決めていたものだ。
本社から無理なノルマを課され、日々追い立てられるようにして働き続ける店長の姿が、今も僕の脳裏に焼き付いている。


店長は売上の奴隷だった。
毎日の売上に一喜一憂し、二言目には売上、売上と呟き、棚の位置をひとつずらすのでさえ何日も悩んだ。

ちょっとガラの悪い高校生が集団で来たりすると、「おい、万引きっ、万引き気をつけろよ」と僕に耳打ちして、自分も彼らのそばで商品を整理するふりをしながら監視を始めた。

極端に客が少ない日には売上を増やすために、自分でカゴいっぱいにポテチやら飴やらジュースやらを買って帰った。
(僕はそれを見てドン引きした)

そんな日は月に何回もあった。


バイトが休めば自分の休みを削り、忙しい時期は遅くまでサービス残業。
客が怒ればたとえ非がなくても下僕のように平身低頭謝り、本社から役員が来る時は戦々恐々として、額に汗を浮かべながら視察に来た上司におもねっていた。
朝は開店の一時間も前から出勤して事務をし、開店の時間になってからようやく出勤のタイムカードを押した。


まさに彼の全身全霊をかけて生み出す利益だ。
そのほとんどは会社に吸い上げられているという事実に、彼は気づいていないのか、それとも気づいていながら目をつむっているだけなのか。


あるとき、彼の給料の額について聞く機会があった。
それは彼が10年以上もの長い歳月をかけてコツコツと昇給を積み重ねてきた数字だったが、お世辞にも多いとは言えなかった。
僕はネットビジネスを始めて半年でそれを追い越してしまった。
資本主義社会では特に珍しいことでもないのだろうが、なんだか少し無残なものを感じる。
赤の他人を儲けさせるための努力しかしてこなかった彼と、自分の収入を増やすための努力をした僕との違いかもしれない。


しかし彼はもう、そんな生活にすっかり慣れ切ってしまっていた。
特に疑問を抱くこともないようだった。
夢も、趣味も、文化も、思想も、社会への関心も、成長への欲求もなく、ただ「売上」と「疲れた」という言葉を交互に繰り返し、帰宅後のビールだけを楽しみに1日を過ごす生き物。


彼はこれからも店の売上のことばかりを悩んで生きていくのだろう。
会社を太らせるために費やされた彼の膨大な人生の時間は二度と帰らない。

せめて定年後の残されたわずかな時間、彼が幸せな余生を過ごせると良いと思う。
posted at 05:59


共感したらクリック!→人気ブログランキングへ


Comment(2) | TrackBack(0)
カテゴリー:日記
エントリー:売上の奴隷
この記事へのコメント
どこの店長も同じですねぇ…。

私が働いていた所の店長は、長続きせず全員辞めていきました。私が働いていた4年間で3人もw
店長になって約1年くらいで皆、精神を病み辞めていきました。

あんなの見てたら、店長になんかなれませんよ。希望も何も無い。待っているのは「名ばかり店長」という奴隷の鎖。


「ブラック」がまかり通る昨今の日本社会。「消耗品」ように消費される人達が沢山いる現状に一時「絶望」し人生を諦めかけました。
だけど今は、決して諦めずに「希望」の道を作りたいと思っています。

だいぽんさん含め、沢山の聰明な方々が「希望」という道を示してくれたことに感謝です。

Posted by k@i at 2010年04月27日 08:44
資本主義では
仕方のないことかもしれませんね。
そういう人達がいるおかげで勝つことが
できるのですから。
皆が労働者をやめてネットビジネスを
目指すようになったらだいぽんさんの
立場も危うくなるかもしれません。
Posted by na at 2010年04月27日 21:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37398851

この記事へのトラックバック