2009年07月26日

夢は働かないこと

あなたの目前の夢は? 20歳の63%は「就職すること」
20歳の人にとって、目前の夢は何だろうか? ビザ・ワールドワイドの調査によると、最も多かったのは「就職すること」(63%)、次いで「海外での経験/体験」(10%)、「社会貢献」(4%)であることが分かった。

 「卒業を控える人が多数いる20歳にとって『就職』というのは、目前にある夢であるとともに『なりたい自分、やりたいことを達成する』ための第一歩と言えるかもしれない」(ビザ・ワールドワイド)

http://money.jp.msn.com/newsarticle.aspx?ac=IT20090721035&cc=07&nt=25




僕の夢は就職しないことだった。

だから、こうしたニュースを目にするとほとほと驚嘆させられる。

来る日も来る日も朝から晩まで同じような業務を繰り返し、上司や客のご機嫌取りに血道をあげ、些細なミスも許されず、趣味に傾ける時間を奪われ、家族・恋人・友人すらも二の次にして、一度しかない人生を赤の他人が経営する会社のために消費する……。

どうしてそんな生活を手に入れることが夢だと信じられるのか。

僕にはちょっと、理解に苦しむ。

会社で雇われる以外の選択肢なんて存在しないかのように目隠しをされて成長してきた結果だろうか。

親や教師の言うことを疑ったこともない「真面目」な子供たちは、日々学校で血と肉でできた働く機械になるためのスキルを磨き、大人になった途端会社という懲役施設の中へ喜び勇んで飛び込んでいく。

なんとも嘆かわしい話である。

資本主義成立以来、あらゆる国で繰り返されてきた悲劇である。



ポール・ラファルグの「怠ける権利」という本を読んだ。

彼はマルクスの娘婿で、1日12時間〜14時間労働が普通だった当時において、1日3時間労働を提唱した異端者である。

「怠ける権利」「資本教」「売られた食欲」という三部構成だが、全編にみなぎる労働への憎悪は凄まじいものがある。

このブログに共感できる方ならまず楽しめると思うので、ぜひ読んでみていただきたいものである。
posted at 05:33


共感したらクリック!→人気ブログランキングへ


Comment(9) | TrackBack(0)
カテゴリー:日記
エントリー:夢は働かないこと
この記事へのコメント
海外ニートさんのリンクから来て、ちょこちょこ拝見していました。
怠ける権利読みました。諧謔を込めて、でも正しいことを言っているように思えます。今の日本の労働においては、目的と手段が完全に転倒していますよね。。
ハンナ・アーレントを訳している佐藤和夫さんのの「仕事のくだらなさとの戦い」も秀逸でした。もっと楽に人間らしく生きられるはずなんですけどね。労働が強迫的なアイデンティティーになっている日本がこわくてたまりません。
Posted by なつ at 2009年07月27日 19:08
私も海外ニートさんのコメ欄から飛んできてずっと拝見していました。こういった労働に対する疑問?をテーマにされているブログはいくら読んでも読み足りない所があるので、期待してます。

怠ける権利は積読してたのですが、読み返してみると憎悪を皮肉たっぷりに表現しているので怒りを覚えつつも笑いながら読んでます。面白いですねこの本。

世の中これほど便利になったのに何故未だに1日8時間ないし12時間労働しないといけないのか理解に苦しみます。便利になったら便利になった分、怠惰を楽しめばいいのにな。
Posted by はら at 2009年07月27日 22:57
>なつさん

こんにちは。
怠ける権利は皮肉が利いていて面白いですよね。
「仕事のくだらなさとの戦い」も所持していますが、まだ読んでいません^^;
秀逸ということですので、近々読んで見たいと思います。
ヨゼフ・ピーパーの「余暇と祝祭」という本も、哲学的な面から労働というもの考察していて、けっこう面白かったです。
今村仁司の「近代の労働観」もなかなか勉強になりましたね。



>はらさん

大学に入ってから、ずっと労働とはなんだろう、なんて考えて生きてましたからね。
変な学生です。

怠ける権利、意外と多くの方が読まれてるみたいですね(笑)

僕も機械がどんどん発達して行くにもかかわらず、労働時間がまったく短縮しないことに疑問を抱いていました。

森岡孝ニの「働きすぎの時代」という本を読んで、だいたいの原因は理解できましたが。

グローバル資本主義、情報資本主義、消費資本主義、フリーター資本主義、だったかな?
Posted by ダイポン at 2009年07月27日 23:22
レスありがとうございます^^
ここにあげられた参考文献を探してみたいと思います。労働時間が短縮しないで、労働が神事のように命をかけて扱われるのは、効率の問題ではなくて、思想の問題なんですね。

海外で働かないかという話があり、渡航費などためないといけないので、ネットビジネスに今関心があります。劣悪な賃労働の環境に出ていくのがいやでたまりません。
Posted by なつ at 2009年07月28日 12:23
>なつさん

おお、海外脱出ですか。
おめでとうございます(笑)

ネットビジネスは最初稼げるようになるまでにどうしても時間かかっちゃいますね。

まだ時間がたっぷりあるのならいいかもしれませんが、2ヶ月3ヶ月しかないのでしたらバイトしたほうが早いですね、たぶん^^;
Posted by ダイポン at 2009年07月31日 06:38
はじめまして。海外ニートさんのリンクから飛んで、ブログの内容一気に読ませていただきました。
私は現在大学4年生で就職活動を機に日本の労働環境に疑問を持ち、そのスパイラルから脱出したいと考える一人です。
今ダイポンさんのネットビジネスにかかわるお話を拝見し、私にも始められないかと大変心を動かされています。

ダイポンさんのプロフィールにもある「会社の雇用下で行われる労働というものに激しい恐怖を抱く」というのは、私も就活中嫌というほど感じました。
労働者の過労死、自殺、鬱病などという問題を抱えているのに、それを当たり前の事のように放置している現状に恐怖を抱かない事の方が異常なんです。
本当に日本の労働環境は狂っていると思います。
Posted by まり at 2009年08月13日 04:44
はじめまして、海外ニートさんのところから来ました。昔はあそこも、コメントがほとんどなく、自分なんかに直接返してくれていたんですが、時代の要請か、一大潮流になってきましたね。
さて、ダイポンさんの紹介されてる、『怠ける権利』には笑っちゃいました。
ちゃんと古典にこういうものがあることがウケました。ぜひ読んでみようと思います。

経営者になったそうで、これからもがんばってください。ではまた。
Posted by 無頼漢 at 2010年04月20日 22:41
無頼漢さんこんにちは。

海外ニートさんのブログ面白いですよね。
あのコメントラッシュにはいつも驚かされます。
同じ思いを抱いている人が多いんでしょうね。
ぜひ長く続いてほしいブログです。

海外ニートさんは海外就職という解決策を提示していますが、僕はネットビジネスという解決策を提示したいのですよね。
日本を捨てて海外へ出るのはやはり失うものも大きいし、年齢などによる制限もありますが、ネットビジネスならだれでも自宅で取り組めますからね。
実際僕自身も救われましたし。
もちろん努力は必要ですけど。


「怠ける権利」は面白いですよ。
夢中で読んじゃいました。
昔から労働に対する疑問というのは存在したんですね。

あまり更新頻度の高くないブログですが、今後もときどき覗いていただければ嬉しいです。
ではでは^^
Posted by だいぽん at 2010年04月21日 03:42
黒川智花はホント何で脱いだんかな。落ち目でもないし(落ち目っていうかまだこれから頑張らなきゃならない人でしょ)脱いでみせるほどのスタイルでもなかったのに…。
Posted by 佐伯日菜子 ヘア at 2013年06月14日 11:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30826858

この記事へのトラックバック